オレのことスキでしょ。という韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

オレのことスキでしょ。の作品情報

オレのことスキでしょ。 ノーカット完全版 プレミアム Blu-ray BOX I【メイキングもスキでしょ。≪前編≫同梱セット】 【Blu-ray】
作品名:オレのことスキでしょ。
韓国での放送年:2011年6月29日~8日18日
監督・演出:イ・グァニ
脚本:イ・ミョンスク
主な出演者
放送局:MBC

オレのことスキでしょ。の作品説明

ヨンファ、ミンヒョクのバンドCNBLUEは、10月にメジャーデビューを果たし、日本でも超話題の本格バンド!メジャーデビュー第1作目の「In My Head」はオリコンウィークリーチャート4位を獲得し、名実共に日本の音楽シーンを牽引するバンドの一つとなった。そんな彼らが、作り出すドラマ中の音楽が話題になり、韓国で発売されたOSTは大ヒット!その中でも、ヨンファが書き下ろした曲「恋しくて」や、ミンヒョク初ボーカル曲の「星」などが大ヒットの要因となっている。また、「美男〈イケメン〉ですね」や「シティーホール」「オンエアー」などの音楽を手掛け、CNBLUEやFTIslandを世に送り出した名プロデューサーとしても知られるハン・ソンホが、本作の音楽プロデュースを担当。劇中バンド「ザ・ステューピッド」のいかしたロックサウンドを中心に、ヒロインを演じたパク・シネが歌うソロ曲、国楽ユニット「風花」による伝統音楽など、多様なサウンドが楽しめる内容になっている。さらに、毎話ごと、ストーリーに重なる楽曲をヒット曲からピックアップし、その回のテーマ曲として使用。主人公たちの心情を映し出していくという気の利いた演出が施されており、毎回、音楽によってテーマがより明確に浮き彫りにされていくのも魅力の一つだ。

オレのことスキでしょ。のあらすじ

パンソリの人間国宝の祖父をもち、芸術大学の国楽科に通うイ・ギュウォン(パク・シネ)。闘病中の指導教授の支援チャリティー演奏会を準備するギュウォンは、出演交渉のた­め、学内の人気バンド、ザ・ステューピッドのライブを見に行き、ギター&ボーカルのイ・シン(ジョン・ヨンファ)の演奏に一瞬で引き込まれてしまう。演奏会当日、妹の急病­で病院に付き添ったシンは、演奏会に穴を空ける。このことでギュウォンとシンは言い合いになり、国楽科対実用音楽科の演奏対決にまで発展。結局、ギュウォンが負け、1ヵ月­間シンのパシリをすることに。こき使うシンにむかつきながらも、惹かれていくギュウォン。しかし、シンは舞踏科の教授チョン・ユンス(ソ・イヒョン)に一途な想いを寄せて­いた。そんな中、大学の開校100周年記念公演が決まり、OBでブロードウェイで活躍する舞台監督キム・ソクヒョン(ソン・チャンウィ)が演出を担当することに。そして、­偶然ギュウォンの歌を聴き才能を感じたソクヒョンは、ギュウォンに記念公演のオーディションを受けるよう勧めるが・・・

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

オレのことスキでしょ。が配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

オレのことスキでしょ。の動画を見る


オレのことスキでしょ。のDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事