父の家という韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

父の家の作品情報

我が家のハニーポットDVD-BOX1 【DVD】
作品名:父の家
韓国での放送年:2009年12月28日
監督・演出:キム・スリョン
脚本:イ・ソニ
主な出演者
放送局:SBS

父の家の作品説明

チェ・ミンスのテレビ復帰作、『父の家』が高視聴率を記録。第1話は16.6%を記録し、第2話は19.6%を記録した。カリスマ性のある強い役柄のイメージのチェ・ミンスが、感情を押さえた深い演技を披露した。 チェ・ミンスはSBS特集ドラマ『父の家』で、2年ぶりのテレビドラマ復帰を果たした。哀切な父親の愛情を描いた『父の家』は、映画のスタントマンと肉体労働で、どうにか生計を立てているマノ(チェ・ミンス扮)と、ヒョンジェ(ムン・ジョンヒ扮)との間に息子が生まれたことにより、人間として、父親としてもう一度人生を生きなおす物語だ。カン・マノは刑務所を出所した後、息子が生まれたことを知り、その息子のために生きていく。 また、助演のムン・ジョンヒ、ペク・イルソブ、キム・スヒョンたちの熱演も見逃せない。

父の家のあらすじ

マノはその日暮らしの労働者。特に生きる目標もなく、ただ毎日を生きていた。そんなある日、マノはヒョンジェに出会う。彼女は音楽の才能を認められ、一家揃ってアメリカへと移り住んでいたが、両親の期待が重く、ソウルに逃げてきたのだった。2人は一夜をともにして再会を約束するが、その後、マノはヒョンジェと会うことのないまま刑務所に入ってしまう。しかしその頃、ヒョンジェはマノの子を妊娠していた。ヒョンジェは誰も頼る者のいないソウルで孤独に子供を産むが、その子をマノの父に託してアメリカへと帰り、マノは出所した後に自分の子であるジェイルと出会う。突然目の前に現れた自分の子供を前に、まったく実感がわかないマノだったが、父として息子を育てていく決意をする。ジェイルは成長するにつれ、母親譲りのバイオリンの才能に目覚めるが、貧しい父はジェイルに音楽的な教育を施すことは不可能だった。その頃、再婚の決まったヒョンジェが息子を取り戻すべくソウルへとやってきて…。

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

父の家が配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

父の家の動画を見る


父の家のDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事