大望(テマン)という韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

大望(テマン)の作品情報

大望 テマン 全13枚 第1話〜第26話 最終話 レンタル落ち 全巻セット 中古 DVD  韓国ドラマ ソン・イェジン
作品名:大望(テマン)
韓国での放送年:2002年10月12日~2003年1月5日
監督・演出:キム・ジョンハク
脚本:ソン・ジナ
主な出演者
放送局:SBS

大望(テマン)の作品説明

神話学者ジョセフ・キャンベルによれば、「英雄」とは、凡人には想像もつかない苦労と冒険を経て、手にした能力を同時代に分け与える人間である。いかなる時代にも混沌と危機は存在し、英雄の出現を望まなかった時代はなかった。特別企画ドラマ「大望」は、朝鮮時代後期、担ぎ屋の世界を舞台に心穏やかで正義感あふれる人物を一人の英雄として描き出した。我々はこのドラマで真の「義」をもって世を導いた彼に出会う。 演出キム・ジョンハク、脚本ソン・ジナ、カメラ監督ソ・ドゥクウォン、編集監督チョ・インヒョン、作曲家チェ・ギョンシクら、1995年に「砂時計」シンドロームを巻き起こした主人公たちが7年ぶりに再結集し、この時代劇をつくった。 ドラマのあらすじは、18世紀、公設市場とヤミ市が共存する混濁した時代にパク・フィチャンという人物が国の経済権を掌握する。彼は平凡な下級役人の家に生まれ、自らの野望をひたすら追求し巨富を築いた知略家だ。身分のせいでそれ以上の出世ができなくなるや漢の張良のごとく「キングメーカー」になることを決心する。そして官界の輩と交わりながら新しい君主を奉るために決定的な役割を果たす。ドラマはパク・フィチャンを中心とする経済的独占勢力の野望と、これに抵抗する民衆の対決を基本的な構図として進行する。

大望(テマン)のあらすじ

権力者の横暴が絶えず、民衆が生活を圧迫されて貧しくなる一方だった18世紀。権謀術数を駆使して巨額の富を手にしていたパク・フィチャン【役:パク・サンウォン】には、正反対の性格を持った二人の息子がいた。武術に魅了されて誰よりも強くなりたいと願うシヨン【役:ハン・ジェソク】と、人情に厚くて多くの友人に恵まれたジェヨン【役:チャン・ヒョク】。それぞれ好意を寄せる女性を見守りながら穏やかに暮らしていたが、両班(ヤンバン)の家で発生した殺人事件を機に、二人の生活は一変するようになるのであった・・・。

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

大望(テマン)が配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

大望(テマン)の動画を見る


大望(テマン)のDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事