製パン王キム・タックという韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

製パン王キム・タックの作品情報

【中古】製パン王キム・タック 06 b8431/PCBG-71896【中古DVDレンタル専用】
作品名:製パン王キム・タック
韓国での放送年:2010年6月9日~9月16日
監督・演出:イ・ジョンソブ/イ・ウンジン
脚本:カン・ウンギョン
主な出演者
放送局:KBS
制作会社:KBS Media

製パン王キム・タックの作品説明

コソン食品の会長ク・イルチュンの妻インスクはまだ息子を生んでいなかった。使用人のミスンがイルチュンの子を宿すと、インスクはハン室長と関係し妊娠。ミスンは子供を守るためク家から逃げ出し、やがて男の子を出産する。インスクもやはり男の子を産んだ。20数年後、この2人の男の子はプライドと父への思いをパンにこめて対決する! 韓国の高度経済成長期の70年代から80年代を背景に、最高のパンを求める人々の情熱を描く。

製パン王キム・タックのあらすじ

製パンメーカー「コソン食品」の会長イルチュンの妻インスクは男児に恵まれず、姑の前で歯がゆい思いをする。そんな中、お手伝いのミスンはイルチュンに見初められて身ごもり、インスクに家を追い出されてしまう。そのインスクもイルチュンの側近スンジェを誘惑して身ごもり、息子マジュンを出産、イルチュンの子と偽り跡取りとして育てる。一方、密かに息子のタックを産み育てていたミスンだが、ひょんなことからタックがイルチュンに遭遇。タックに不自由なく育ってほしいミスンはタックをイルチュンに託すが、インスクとスンジェはミスンの抹殺とタックの追放を企てる。家を追い出されたタックは母の行方を追い、連れ去った「風車の刺青がある男」を捜し求める。12年後、例の刺青の男がいるというパルボン・ベーカリーに辿り着いたタックは、男を見つけるため、その店でパン作りを学ぶことに。時同じくしてマジュンも正体を隠し、パン作りの修行のため同じ店にやってくる。伝説のパン職人パルボン先生のもと、タックとマジュンは、パルボンの孫娘ミスンらとともに様々な課題に挑んでいく。

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

製パン王キム・タックが配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

製パン王キム・タックの動画を見る


製パン王キム・タックのDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事