Motherという韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

Motherの作品情報

インポート・アクセサリー・ネックレス&ペンダント Carolyn Pollack Sterling Silver Gray Mother of Pearl Wave Pendant Enhancer 正規輸入品
作品名:Mother
韓国での放送年:2018年1月24日~
監督・演出:キム・チョルギュ
脚本:チョン・ソギョン
主な出演者
放送局:tvN
公式URLhttp://program.tving.com/tvn/mother/6/Vod/List?rcnt=1

Motherのあらすじ

冷たい先生、スジン【役:イ・ボヨン】は鳥の勉強に没頭して、家族と連絡をせずに生きています。トラック運転手のソラク【役:ソン・ソック】と同居しているジャヨン【役:コ・ソンヒは娘のヘナ【役:ホ・ユル】が邪魔な存在です。ジャヨンはゴミ袋に入れヘナを家の外に捨てます。黒いゴミ袋の中にいるヘナを見つけたスジンは渡り鳥を見に行きたいと言うヘナと一緒に海辺に向かいます。

Motherのみどころ

「秘密はない」、「お嬢様」など多様な映画を通じて自分の色を見せてくれたチョン・ソギョン作家が『マザー』を通じて初めてドラマに挑戦する事で視聴者の注目を集めました。さらに、しっかりした日本原作の構造にチョン・ソギョン作家がキャラクターを整えて、話を付け加えて完成させた作品です。11部作の原作を16部に増やし、様々な人物たちの間の関係に放送前から話題になりました。 日本のドラマが持っている、特別な色である淡泊で簡潔、シンプルな雰囲気を韓国的な色に合わした豊かな感性を濃く描いて、心の奥にある涙まで出せるように描かれますので、原作と比較しながら見るとまた違う楽しみを感じることが出来ます。 ドラマ『マザー』は母性に関する話ですが、強靭な子供の話でもあります。ヘナ【役:ホ・ユル】は多くの大人たちに大変で険しいことをされますが、最後まで自らの力で勝ち抜く姿は、また他の見どころです。胸の中に深く傷を抱えている8歳の女の子ヘナが持っている、純粋な子供のような姿と大人より大人びた面を表現する子役のホ・ユルの演技も集中するところです。また、ホ・ユルと出産して母になったイ・ボヨンが見せてくれる母性溢れる姿は、誰かの母親に、誰かの娘になっていく全ての母と娘たちの道程に応援と遺憾を与えます。

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

Motherが配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

Motherの動画を見る


主要登場人物の紹介

スジン【役:イ・ボヨン】 ・・・ 大人にも子供にもウソをつけない女。江原道のある大学の鳥類学研究室の研究員と海カモに関する研究をしていた。学科の統廃合で研究室が閉鎖されると、近隣小学校で科学担当の教師として働いている。渡り鳥たちが離れる頃にアイスランドの鳥類学センターに行く予定だったがヘナ【役:ホ・ユル】に出会った。ヘナが母親に捨てられた日、スジンはヘナを連れて行くことを決心する。
ヘナ【役:ホ・ユル】 ・・・ 誰が聞く前にまず大丈夫だといい出す子。小学校1年生。体にはいつも傷があり、食べ物を見ると、目を輝かせ、チラシでハングルを学びながら夜にはハムスター`チンイ`の飼育筋を持って街をさまよう。その夜、ジャヨン【役:コ・ソンヒ】が激しく殴って自分を捨てた時ヘナは初めて悟った。母から自分自身を守らなければならないということを。
ヨンシン【役:イ・へヨン】 ・・・ 60代のきれいで威厳のある女優。俳優生活をしながら夫なしで三人の娘を育てた。最高の家、最高の学校、最高の服、最高の友達。スジン【役:イ・ボヨン】には最高に良い者だけ与えたかった。しかし、ヨンシンはスジンが本当に望むのが何なのか知らず、25歳の時スジンは姿を消した。その後まもなく、スジンはやつれた顔で現れ、金をお願いする。


MotherのDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事