クロスという韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

クロスの作品情報

【送料無料!】六本木ブラッククロス 1(KCDX3766) /モリヨウスケ;柳沢きみお/〈コミック〉
作品名:クロス
韓国での放送年:2018年1月29日~
監督・演出:シン・ヨンフィ
脚本:チェ・ミンソク
主な出演者
放送局:tvN
公式URLhttp://program.tving.com/tvn/cross/4/Vod/List

クロスのあらすじ

'鷹の目'、'神の手'と呼ばれる伝説のレジデントがいます。ルペ(虫眼鏡)なしで微細血管を吻合する、C-arm(移動式レントゲン)なしでお腹の中の針を見つけ、2時間の手術をだった1時間でこなす、絶対能力のレジデント。しかし、そのすばらしい能力を彼は復讐をために使います。15年前、無残に殺害された父の仇を討つために、<求生>の医術を<殺生>の方法で使います。それも非常に徐々に、苦痛の中で殺すために。15年を準備した復讐、刑務所と臓器移植センターを行き来しながら復讐心でいっぱいの天才医者カン・インギュ【役:コ・ギョンピョ】と彼の怒りまで抱いたヒューマニズムの医師コ・ジョンフン【役:チョ・ジェヒョン】が会い、お互いの人生を丸ごと揺るがす予測できない事件が連鎖的に起きます。

クロスのみどころ

昨年(2017年)OCNで「トンネル」で最高視聴率の神話を記録したシン・ヨンフィ監督と映画「ブラインド」で第48回大鐘賞映画祭シナリオ賞を受賞したチェ・ミンソク作家が意気投合した事で話題になったドラマ『クロス』はメディカルのドラマであり、これまでに見たことがない<臓器移植>という独特な素材を中心に、視覚に現れた前例がない誰かには能力に、誰かには弱点になる、カン・インギュ【役:コ・ギョンピョ】が経験する後天的サーヴァント症候群を描いて行きます。 臓器移植という分野は、外科、内科など様々な分野が団結してこそ可能な複合的な分野で、制作陣が他の医学ドラマより準備に力をたくさん入れたと明らかにし、さらに関心を集めました。 また、チョン・ソミンが演じる、まだ韓国に多くない<臓器の移植コーディネイター>と職業は新鮮な刺激を与える。そこに、ドラマ「ニューハート」に続いて10年ぶりの、医師の役を演じるチョ・ゼヒョンと今回が三回目の医者役のコ・ギョンピョが新たに描き出す医師の姿も、観戦のポイントです。

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

クロスが配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

クロスの動画を見る


主要登場人物の紹介

カン・インギュ【役:コ・ギョンピョ】 ・・・ シンクァン刑務所の義務事務官→ソンリム病院レジデントの4年目。復讐のため医徒になった。生かる方法の中で殺す方法を探すのに邁進した。その結果、医学部6年間首席を逃したことなく、医師試験まで満点でパスした。初の満点者だった。'鷹の目'、'神の手'、'ヒポクラテスの再臨'だと呼ばれ、先輩たちから寵愛されていた彼はガウンを残したまま消えた。待ちわびていた<シンクァン刑務所医師の採用公告>が出たからだ。そこに父親を殺害したキム・ヒョンボム【役:ホ・ソンテ】がいる。15年を待ってきた復讐をやっと実行できるようになった。
コ・ジョンフン【役:チョ・ジェヒョン】 ・・・ ソンリム病院の臓器移植センター長、一般外科・胸部外科ダブルボード。国内不適合肝移植を初めて試みたが失敗し、二番目に挑戦した不適合肝移植も失敗に終わった。彼の相次ぐ失敗は実力がないからではなかった。他の医師たちがあきらめた患者をどうしても生かすという使命のためだった。彼が持っている責任感と使命は神に対する挑戦だった。徹底した原則主義者で'欲望、野望'とは程遠い。彼の頭の中にはひたすら'患者、手術'しかない。社会的地位を超越して患者を診療するという'ジュネーブ宣言'に基づいて大統領に診療待機票を渡したのは有名なエピソードだ。そんな彼がいて請託多い臓器移植センターで患者を守ることができた。
コ・ジイン【役:チョン・ソミン】 ・・・ コ・ジョンフン【役:チョ・ジェヒョン】の一人娘でソンリム病院の臓器移植コーディネーター。その父親にその娘で絶大な原則主義者だ。外国で育て、年齢、下意上達、位階秩序そんなものは無視する。必ず順番に!マニュアルどおり!悔しければ法に則って!規定を守らない場合、必ず戒めて、抗命も辞さない。時には不合理さに、時には常識が通じないことに、憤りが爆発する彼女だが、韓国に残っている理由がある。まさに父コ・ジョンフンだ。幼い頃から懐かしがった父親だった。お父さんの話をしたら、母の表情が暗くなってそれ以上聞くをことができなかった。ただ会いたい気持ちで、一度は会わなければならないようで、チョン・フンを訪れた彼女は父を見た瞬間、離れることができなかった。病院から食べて寝ている彼がかわいそうで。今すぐでも取れそうなシャツのボタンが気の毒で、父の側に残ることにした。


クロスのDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事