王女の男という韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

王女の男の作品情報

王女の男 全12枚 第1話〜第24話 完結 レンタル落ち 全巻セット 中古 DVD  韓国ドラマ パク・シフ
作品名:王女の男
韓国での放送年:2011年7月20日~10月6日
監督・演出:キム・ジョンミン/パク・ヒョンソク
脚本:チョ・ジョンジュ/キム・ウク
主な出演者
放送局:KBS
制作会社:Princess’ Man SPC/KBS Media/ACHIEVE GROUP DN 

王女の男の作品説明

朝廷の重臣の息子キム・スンユと王族の娘イ・セリョン。2人は、親同士が政敵であるとも知らずに恋に落ち、静かに愛を育む。しかし、スンユはセリョンの父が起こしたクーデターで家族を惨殺され復讐の鬼に…。朝廷から追われる身となったスンユと彼の憎き敵の娘になってしまったセリョンの悲しく切ない愛が胸を打つ。 さらにスンユの2人の親友シン・ミョンとチョン・ジョン、セリョンのいとこである敬恵(キョンヘ)王女の行く末も目が離せない。運命に翻弄される5人の若者たちの複雑に絡み合う友情、愛情。彼らの目、心情を通して、波乱の時代をダイナミックに描く。

王女の男のあらすじ

1452年。朝鮮王朝第5代王の文宗(ムンジョン)は、王権を狙う弟の首陽(スヤン)大君(テグン)に持病の悪化を悟られぬように隠していた。そんななか、首陽は文宗の側近、キム・ジョンソの息子キム・スンユに娘イ・セリョンの縁談を持ちかける。 おてんば娘のセリョンは、いとこの敬恵(キョンヘ)王女と仲良く育つ。セリョンは王女の新講師が縁談相手のスンユだと聞き、王女と入れ替わってどんな人か確かめることにする・・・

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

王女の男が配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

王女の男の動画を見る


王女の男のDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事