嵐の中へという韓国ドラマについてあらすじや作品の概要、出演者情報、動画などをまとめました。

嵐の中への作品情報

嵐の中へ 全12巻 DVD レンタル版 レンタル落ち 中古 リユース 全巻 全巻セット

嵐の中へのあらすじ

捕鯨が許されていた時代、捕鯨船が港に戻ると、体長が 10m以上にもなるセミ鯨、マッコウ鯨、ミンク鯨の解体作業で、埠頭は赤く染まった。その頃、キム・ソンチョル【役:イ・ドクファ】は、捕鯨船の船員だった。ウルジンでも名の通った鯨捕りだった彼は、当時最大の規模を誇った捕鯨船の船主の娘ソン・ジヨン【役:ヤン・グムソク】と結婚する。ヒョンジュン【役:キム・ソクフン】とヒョンテ【役:キム・ミンジュン 】、2人の息子が生まれて間もなく、捕鯨が禁止され、捕鯨で潤っていたウルジンも、急激に衰退していった。そんな故郷の運命と共にキム家も没落し、ヒョンジュンとヒョンテは、苦しい幼年時代を送る。ヒョンジュンは名門大学の法学部に進学した秀才、ヒョンテは高校中退、ケンカに明け暮れ少年院に出入りする問題児であった。ヒョンジュンが大学に進学した日、街にプランカードが掲げられ、お祝いの宴席が設けられた。 ヒョンジュンは、幼い頃から同じ町内で育ったミソン【役:ソン・ユナ】を愛していた。ミソンは、港で漁師相手に飲み屋を営むカン・インジュ【役:パク・ウォンスク 】の娘だった。ヒョンジュンが秀才で知られていたように、ミソンはその美貌で人々の視線を集めていた。ミソンは、ヒョンジュンがソウルの名門大に進学し、司法試験にパスすると、彼がいつかは自分のもとを去るのではという不安におののいていた。だが、プライドの高いミソンは、自分の本音を隠し、ヒョンジュンに自ら別れを持ちかける。ヒョンジュンはそんなミソンが理解できなかった。 ヒョンテはプサンで、 10才年上の女オ・ジョンヒ【役:オム・ジウォン】に恋をする。ヒョンテに憐憫を覚えていた彼女も、やがてヒョンテを愛するようになる。だが、キム・ギホ【役:イ・ジェヨン】という男によって、2人の愛は長くは続かなかった。ヒョンテはキム・ギホに反抗するが、ジョンヒがヒョンテを避け始める。彼女の弱みに付け込んだキム・ギホの執拗な嫌がらせに屈したからだ。ヒョンテは傷つき荒れる。そして彼は、少年院でボクシングを教わったヤン・グァンヨル【役:イ・ジェポ】と共に、日本へ渡る。ヤン・グァンヨルは、下火になったボクシングを捨て、日本で人気の異種格闘技のコーチになっていた。ヒョンテは、ヤン・グァンヨルの紹介で、日本で一番人気のある、異種格闘技チャンピオンのスパーリングパートナーになる。格闘技チャンピオンのハラダ・コウスケ【役:船木誠勝】は、意味もなくヒョンテを侮辱するのだった・・・。

YouTubeでの動画検索結果(自動)
※この動画に関して、著作権侵害を申し立てる場合はこちらのページからお願いします。

嵐の中へが配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

嵐の中への動画を見る


嵐の中へのDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

関連記事