『光と影 』

光と影の作品情報

光と影<ノーカット版>DVD−BOX1
作品名:光と影
韓国での放送年:2011年11月28日~2012年7月3日
監督・演出:イ・ジュファン/イ・サンヨプ
脚本:チェ・ワンギュ
主な出演者
放送局:MBC

光と影の作品説明

アン・ジェウクが3年ぶりにドラマ復帰!激動の70年代、ショービズ界に愛と夢をかけた若者たちの物語。 MBC創立50周年特別企画ドラマ『光と影』が、70年代の香りが濃く漂う時代物を視聴者にお届けする。すでに放送前から、「朱蒙神話」を合作したイ・ジュファンPDとチェ・ワンギュ作家コンビと、俳優アン・ジェウクのドラマ復帰作であることと、チョン・グァンリョルを始めとする名優の出演とで話題を呼び、放送界の注目を浴びてきた。また劇中、ナム・ジン、ハ・チュンファ、キム・チュジャなど一時代を飾ったスターたちの若い時代が再現され、一層面白くなりそうだ。イ・ジュファンPDは、「若い視聴者の感性と中高年層のノスタルジーが相通じ合う場を作ろうと努力を傾けた」と意気込みを語った。『朱蒙』スタッフが激動の韓国大衆文化史を描き出す!ショービジネスに魅せられた人々の果てなき夢・人生の舞台が、幕を開ける!

光と影のあらすじ

ギテ(アン・ジェウク)は父親のマンシク(チョン・グクファン)の劇場収益金の一部を引き出し、チュソク(秋夕/旧盆)に上映する映画に先投資するが、全てがヤン・テソン(キム・ヒウォン)の詐欺だったことを知る。ギテの家で食事の支度をしているグムレ(キム・ミギョン)の息子スヒョク(イ・ピルモ)は3年ぶりにベトナム戦争から無事に帰還し、スヒョクの帰還を祝う食事の席で詐欺に遭ったことを知ることになったマンシクはギテを追い出してしまう。一方で映画の撮影をすることになっていた監督の行方をうわさだよりに捜していたギテはある撮影現場に行くことになり、そこでヤン・テソンの紹介で出演中の歌手練習生ジョンヘ(ナム・サンミ)と出会う。ジョンヘを尾行しヤン・テソンに会うが、何の成果もなかったギテとドンチョル(リュダム)は、自身に名刺を渡してくる「ピンナラ(光の国)ショー団」の団長シン・ジョング(ソン・ジル)に会うのだが…。

光と影が配信されているか、下記主要動画配信サービスでチェック

TSUTAYA TV
dTV
U-NEXT
Hulu(フールー)
FOD(フジテレビオンデマンド)
ビデオパス

光と影の動画を見る


光と影のDVD・ブルーレイ情報

恐らくですが、国内ではまだDVD・ブルーレイはまだ発売されていません。

光と影の作品イメージ

画像提供元:Google AJAX Search API
(http://images.google.co.jp/images?source=hp&q= 光と影)

光と影の関連サイト(外部サイト)

光と影に関してコメントを残す

以下のフォームにお名前(ハンドルネーム可)とコメントを入力し、「コメントを送信」ボタンを押してください。



※スパム防止のため、管理人に承認されたコメントのみ公開されます。

特集

カテゴリー一覧


放送局から探す


作品名の頭文字から探す


最近のコメント



loading
光と影

無料韓国ドラマ動画 あ行


無料韓国ドラマ動画 か行


無料韓国ドラマ動画 さ行


無料韓国ドラマ動画 た行


無料韓国ドラマ動画 な行


無料韓国ドラマ動画 は行


無料韓国ドラマ動画 ま行


無料韓国ドラマ動画 や行


無料韓国ドラマ動画 ら行


無料韓国ドラマ動画 わ行